格安で飛行機に乗る方法を紹介!お得な格安航空券で国内旅行をしよう!

- LCCが安いのは合理的な理由がある

LCCが安いのは合理的な理由がある

現在国内で安く飛行機を利用しようとするなら、LCCが最適な手段といえるでしょう。
これは国内だけにとどまらず世界各国において同様で、いろいろな国でLCCの台頭が目立ちます。
数多くの格安航空券がある中、それでもLCCは多くの人々の支持を受け利用者がますます増加しているのが現状です。

LCCはなぜ安い?

しかし、中にはLCCの安さに不信感を抱いている人も少なくないようです。
そして、LCCは安全性に不安があるから一般の飛行機と比較して格安な値段で利用できるのだと考えている人もいます。
確かに同じような飛行機で移動に掛かる時間もさほど違わないのに、一般の航空会社の提供する格安航空券と比較しても大きな運賃の差があるのは不思議です。
では、なぜLCCは格安でフライトを提供できるのでしょうか。
それは、徹底的な無駄の排除によるコストの切り詰めという合理的な理由によるものなのです。
ここではその理由について見ていきましょう。

LCCの安さの理由

まずひとつ目に、使用機種の統一があります。
一般の航空会社では複数種類の航空機を利用していますが、LCCはほとんどが一種類で統一しています。
航空機の操縦免許は機種ごとに必要なので、機種が多ければそれだけパイロットの教育や確保に費用が掛かりますが、LCCではそれを抑えることができるというわけです。
メンテナンスの整備士も同様ですし、部品も在庫が少なくて済むといったメリットがあります。

ふたつ目に、同じ機種でも座席を増やしているので一度のフライトでよりたくさんの乗客を運ぶことができるようになっています。
そのために一度のフライトの一人当たりのコストが削減できるために安い金額で提供できるのです。

三つ目に、機内サービスやエンタメなどを簡素や廃止している点です。
飛行機に乗ると機内食やドリンクサービスを楽しみにしている人もいるでしょうが、LCCではそれらは有料です。
機内食やドリンクにはもちろん費用が掛かっていますから廃止すればその分コストが浮きますし、有料ならさらに売り上げが上がります。
また、それらのサービスを提供するためのスタッフも必要なくなるので、最小限の人数での対応が可能となります。
シートに備え付けの液晶モニターやエンタメ機器がなければ、初期投資やメンテナンスも必要ありません。

四つ目に、機内預け荷物は有料ですし、機内持ち込み荷物も大きさ、重さ共に非常に厳密で少しでもオーバーすれば課金されてしまいます。
こういった措置を行なえば、乗客自身は持参する荷物を減らそうとするために、飛行機に積み込む荷物の数も重量も少なくなり燃料費の節約になるというわけです。

他にも対応スタッフの数を減らすために、予約はネットが主体で電話や窓口では手数料を徴収するといった点も合理化のひとつです。
LCCの格安な運賃の実現には、こういったさまざまな理由があるのです。