格安で飛行機に乗る方法を紹介!お得な格安航空券で国内旅行をしよう!

- LCCを利用する際にはデメリットも知っておく

LCCを利用する際にはデメリットも知っておく

近年、格安航空券を購入するより安価に飛行機を利用できるLCCが人気です。
国内の移動の際には、新幹線よりも安い運賃で飛行機に乗ることができるケースも少なくありません。
しかし、金額だけで飛びついてしまってはあとから失敗したと思うこともあるかもしれないので要注意です。

機内におけるデメリット

LCCのデメリットとして真っ先に挙げられるのが、座席間隔の狭さです。
LCCは一度のフライトでより多くの乗客を運ぶことによって、ひとり当たりの運賃単価を下げることを実現しています。
そのために一般の航空会社の航空機と同じでも座席数が多くなっていることから座席間隔が狭く、それを不満に感じる人も少なくありません。
また、機内食やドリンク、毛布の貸し出しは有料としているところが大半です。
機内での映画や音楽といったエンターテイメントは最初から設置されていません。
さらに機内預け荷物は有料、機内持ち込み荷物も大きさ、重さの指定が厳密で少しでもオーバーすれば課金されてしまいます。

遅延や欠航も少なくない

遅延や欠航が多いのもLCCの特徴です。
LCCは乗客一人当たりの単価が一般の航空会社と比較して安いので、利益を上げるためにはより多くのフライトをこなす必要があります。
したがって、同じ航空機が1日に何度もフライトするため1度遅れが出るとそのあとの便に影響が出るだけでなく、その遅れがそれ以降のスケジュールすべてに影響しがちなために遅延が起こりやすいのです。
また、飛行機では天候が良くなく着陸が難しい場合は上空で待機して天候を回復を待つこともときどきありますが、その燃料の無駄をしたくないこともあり、天候が回復しない可能性があれば飛び立つ前にフライをキャンセルすることも少なくないのです。

機材の故障などでフライトが欠航になることもありますが、そんな際にはその後の便に振り替えしてくれます。
その際に一般の航空会社なら他社便でも振り替えしてくれますし、当日のうちの振り替えができず翌日便しか手配できなかった場合にはその日の宿泊代や夕食、翌日の朝食代を負担してくれます。
ところが、LCCの場合は自社の都合でキャンセルや欠航になっても自社のフライトしか手配してくれませんし、その日のうちに手配ができなかった場合の宿泊や食事は利用者が負担しなければならないのです。

利用するかしないかはその人の考え方次第

他にも、航空券の予約・購入はインターネットからのみで、それ以外の方法は手数料が掛かることや座席指定も有料であることもデメリットといえるでしょう。
このように一般の航空会社と比較するといろいろ問題とされる点は少なくありません。
けれども国内の移動だから座席が狭くても機内食やドリンク、エンタメがなくても構わないという人もいるでしょう。
いろいろデメリットがあっても安い価格で飛行機に乗れるほうがいいという人にとっては、LCCはやはり格安航空券を手に入れるよりも最適な飛行機の利用方法なのです。