格安で飛行機に乗る方法を紹介!お得な格安航空券で国内旅行をしよう!

- 格安で飛行機に乗れる方法とは?

格安で飛行機に乗れる方法とは?

外国へ出掛けるなら飛行機を選ばざるを得ないのが大半ですが、国内ならさまざまな方法で移動することができます。
列車やバス、車、船、そして飛行機が主な手段ですが、これらは移動に掛かる時間の長さと比例して掛かる料金が変わり、たとえば列車では各駅停車よりも特急、特急よりも新幹線のほうが運賃は高くなります。
そして最も早く移動ができるのが飛行機ですが、その分支払いに要するお金も最も多くなってしまいます。

以前よりも安く飛行機に乗れるようになった

出張など仕事で移動する場合はもちろん、旅行でもなるべく現地の滞在時間を多く取って楽しみたいものですよね。
その際にはやはり飛行機を利用するのが最も好ましいのですが、運賃の高さから別の手段を選ぶ人も少なくないようです。
ところが、近年ではそんなこれまでの「飛行機は高い」というイメージを覆すような料金で飛行機利用ができるようになってきました。
その理由として挙げられるのが、LCCの台頭と早期予約購入割引の利用です。
ここではこの2つの格安価格で飛行機に乗る方法について見てみたいと思います。

LCCはなぜ安いのか

まずLCCとはLow Cost Carrierの略称で、格安航空会社のことです。
LCCは一般の航空会社の運賃よりもはるかに安く、現在最も安価に飛行機に乗る手段だといえるでしょう。
ではなぜLCCの運賃は安いのでしょうか。
中にはLCCの安全性を疑う人もいるようですがそれは大きな誤解で、さまざまな合理的なコストカットによって低価格を実現しているのです。
たとえば航空機の種類を1種に統一することでパイロットやメンテナンス、部品や整備などが統一できるのでコストの削減が可能となります。
また、航空機の座席数を増やすことでより多くの乗客を運び、ひとり当たりのコストを下げることもできます。
シートのグレードを下げたり座席モニターやエンタメ機器を導入しないことで、初期投資及びメンテナンスに掛かる費用が必要なくなります。
機内食やドリンクなどを廃止したり有料化すればもちろんコストの削減になるだけでなく、それらをサーブするための乗務員の数を減らすこともできます。
さらに、機内預け荷物を有料にしたリ機内持ち込み荷物の大きさや重さを厳密にしてそれを超える荷物に課金すればその分が収入になるだけでなく、利用者も荷物を減らそうとするために積み込む荷物の量と重量が減り燃料費の節約に茂なります。
その他にも数多い合理化によって、格安な価格が提供されているのです。

早期予約購入割引はお得

次は早期予約購入割引についてです。
これは国内の多くの一般の航空会社が提供しているサービスで、搭乗日より早めに予約・購入をすることで通常の運賃より大幅な割引価格で航空券を手に入れることができるサービスです。
航空会社によって呼び名がことなりますが、一般的には「早割」といった呼び名で知られている格安航空券をいいます。
早割を利用すれば通常運賃の半額程度の割引は普通で、中には80パーセント以上の激安価格で購入できるケースもあります。
早割でチケットを購入したからといってサービスが悪くなったり座席が狭いなんてことはなく、通常の運賃で購入した人と同じ待遇で利用できるので非常に「お得感」があります。

他の安く飛行機に乗る方法

以上のふたつが現在安く飛行機を利用する主な手段ですが、この他にも方法はあります。
そのひとつが、街のチケットショップで格安航空券を手に入れるというものです。
また、航空会社の提供する宿泊施設と航空券が一緒になった「ダイナミックパッケージ」というプランなら、宿と航空券を別々に手配するよりもセットで購入することでそれぞれを割安な価格で手に入れることができます。
旅行会社でも同様に、宿と航空券を併せて販売する「パッケージツアー」を提供しています。
このようにお得に航空券を手に入れる手段はいくつかあるので、利用方法や好み、予算などに合わせて選択すればいいでしょう。